コンサルティング

JIS X 8341-3:2016』に対応するには、そのウェブサイトの制作・運営体制に合わせて、企画・設計から開発・制作、保守・運用に至るまでの各工程を視野に入れて、以下のようなアクションを行う必要があります。

  • 「ウェブアクセシビリティ方針」の策定
  • 独自のアクセシビリティ・ガイドライン作成
  • スタッフの教育および研修
  • 体制の整備
  • ワークフローの構築
  • ツールの選定 など

これらのアクションを行うにあたって、インフォアクシアでは『JIS X 8341-3:2016』の策定作業にも関わった専門家が、お客様のニーズに合わせたコンサルティングサービスを提供しています。

「ウェブアクセシビリティ方針」の策定サポート

まず、ウェブコンテンツのアクセシビリティをどのレベルで確保して向上させていくかについて、「ウェブアクセシビリティ方針」としてまとめて文書化します。

例えば、次のような事項について文書化して、方針として公開するとよいでしょう。

  • 企業理念
  • ウェブアクセシビリティに取り組む理由
  • 対象範囲
  • 目標とするレベルと対応度

弊社では、『JIS X 8341-3:2016』に加えて、ウェブアクセシビリティ基盤委員会の『ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドライン』や『ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン』もふまえたウェブアクセシビリティ方針の検討と文書化をサポートいたします。

参考資料

独自のガイドライン作成サポート

ウェブアクセシビリティをウェブサイトやウェブアプリケーション全体で確保するには、まずガイドラインを定めることが重要です。『JIS X8341-3:2016』は、W3Cの『WCAG 2.0』と同じ達成基準を採用しています。また、『WCAG 2.0』は、ISO/IEC国際規格(『ISO/IEC 40500:2012』)としても承認されており、同じ達成基準を用いることによって『JIS X8341-3:2016』、『WCAG 2.0』そして『ISO/IEC 40500:2012』 に対応することが可能です。

ただし、『JIS X8341-3:2016』や『WCAG 2.0』の達成基準はやや難解な部分もあるため、そのままコンテンツ制作・開発やサイト運営などの現場で運用するには困難を伴う場合があります。そのような場合には、独自の「アクセシビリティ・ガイドライン」やチェックリストを作成するなどの工夫が必要です。

弊社では、例えば次のようなニーズにお応えしています。

  • 「アクセシビリティ・ガイドライン」がないのでゼロから作成したい
  • 『JIS X 8341-3:2016』の中でも特に重要な達成基準に絞り込んで着手したい
  • 既存の「デザイン・ガイドライン」にアクセシビリティに関連する項目を追加したい
  • 独自に作成した既存の「アクセシビリティ・ガイドライン」を客観的にチェックしてほしい
  • 『JIS X 8341-3:2016』の達成基準をもとにしたチェックリストを作成したい

教育・研修

『JIS X 8341-3:2016』に対応していくには、目標とするレベルの達成基準を正しく理解して、関係者全員で共有することが必要不可欠です。弊社では、お客様のニーズに合わせたカリキュラムを作成して、教育・研修実施のサポートをしています。

インフォアクシアの『教育・研修』サービス

体制整備およびワークフロー構築サポート

「ウェブアクセシビリティ方針」を策定したり、独自の「アクセシビリティ・ガイドライン」を作成したりすることは、それがゴールではなく、あくまでスタートラインに立つための準備に過ぎません。企画・設計から開発・制作、保守・運用に至る各工程で、そのウェブコンテンツに関わる関係者全員がいかに実践していくかが重要です。そこに求められるのは、品質管理という考え方です。

弊社では、従来のWeb制作・運営現場ではあまり意識されていなかった品質管理という考え方を重要視して、「アクセシビリティ・ガイドライン」を組織的に運用できる体制の整備やワークフローの構築もサポートいたします。

各種ツールの選定サポート

『JIS X 8341-3:2016』などをふまえてウェブアクセシビリティの確保を実践していく上で、必要不可欠なのが各種のツールです。弊社では、お客様のウェブコンテンツの制作・運営体制に応じて、最適なツールの選定を客観的にアドバイスいたします。以下のような場合にはご相談ください。

  • どんなツールがあるのか知りたい
  • 似たようなツールが多すぎて選定に迷っている
  • ウェブコンテンツ制作およびチェック時に使用するツールを統一したい
  • サーバにツールをインストールすることを検討している

お問合せ

コンサルティングサービスは、個別の御見積となります。まずは、Eメールあるいはお電話などでお問合せください。

  • Eメールinfo@infoaxia.co.jp
  • お電話:03-5547-5777(受付:10時~18時、ただし、土日および祝日を除く)
  • FAX:03-5547-5778

お客様の声

「『JIS X 8341-3』を読んでも、どのように方針を定めればよいかわからなかったが、企業理念や経営方針などもふまえた方針をまとめることができた。」(大手都市銀行 A社)

「弊社の現場に合わせたガイドラインとチェックリストを作成することができ、試行錯誤しながらも少しずつ現場に定着させていくことができると思う。」(大手メーカー B社)

「『JIS X 8341-3』は、Web制作のプロ集団である私たちにとっても難解なところがある。クライアントに正しく理解してもらうためにも、独自のガイドラインやチェックリストは必要不可欠だと痛感した。」(ウェブ制作会社 C社)

「全面リニューアルの案件だったが、初期段階からアクセシビリティの要件を明確にできたので、デザインテンプレートの制作時から時間やコストをロスすることなく、効率的にJIS対応を進めることができた。」(ウェブ制作会社 D社)

Webアクセシビリティのポータルサイト

株式会社インフォアクシアは、Webアクセシビリティを正しく理解して実践するためのポータルサイトを運営しています。
エーイレブンワイ